Pocket

胡蝶蘭を育てる際、その置き場所はどうしたら良いのでしょうか。育てる場所はそのまま生きる環境ということになります。光の加減や風通しについて、気をつけるべきポイントはあるのでしょうか。

水まず、室内であっても風通しが良い場所を選んでください。そして、日当たりについてですが、直射日光が当たらず、適度に明るい場所が理想的です。気温についても、夏場は暑くなりすぎないように気をつけ、場合によっては細かく場所を移動するくらいの心構えを持っておくのが良いでしょう。

胡蝶蘭というのは光合成によって栄養を蓄える花であるため、光が全く当たらない場所に置いておくと衰弱し、やがて枯れていきます。風通しが良いからといって窓際などに置いておくと、花が弱っていく原因になりますので、できるだけ避けた方が無難です。どうしても窓際に置くしかない場合はカーテンなどで遮光すると良いでしょう。

自然の胡蝶蘭は明るい日陰に咲いています。木漏れ日が差し込む美しい風景を想像してもらえれば、イメージしやすいかもしれません。こういった環境を自宅でも再現するつもりで胡蝶蘭を置く場所を決めたら、花の寿命も長持ちすることでしょう。風通しと日当たりに気を配ってみてください。