Pocket

湿度と温度は胡蝶蘭を育てる際にどれくらい重要になってくるのでしょうか。植物も生物であるため、胡蝶蘭に限らず植物を育てるときには温度と湿度の管理が非常に大切になってきます。一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょう。

湿度胡蝶蘭を育てるときには、まず湿度に気をつけてください。乾燥に弱いため、冬場には特に注意が必要です。場合によっては病気になってしまう場合もあります。また、胡蝶蘭を育てるのには、気温が20度前後が理想的です。エアコンは一年中付けっ放しにしておくと、この環境が保ちやすくなりますので、上手に使いこなしていきましょう。

原産国が高温多湿な環境である胡蝶蘭は、日本の夏場の気候に適していると言えます。なので、夏には特に気を使う必要は無いのですが、冬場は要注意です。気温はもちろんのこと、暖房を使用するため乾燥しやすい環境となります。乾燥した状態のまま栽培を続けると蕾が黄色く変色して、そのまま落ちてしまったり、花自体が衰弱する恐れがあったります。加湿器を付けたり霧吹きで水をかけてやったり、できるだけ潤いを保つ努力が必要になります。

胡蝶蘭は夏場には特にケアが必要ではない場合が多いですが、冬場はデリケートになるため、なるべく手をかけてあげる必要があります。