Pocket

植物を育てるときに大切になる水やり。動物にとっての食事にも似たイメージがある水やりですが、胡蝶蘭の水やりはどのように与えるのが正解なのでしょうか。

胡蝶蘭は水をやり過ぎると枯れてしまう可能性があります。水をあげるのは胡蝶蘭の埋め込み部分の表面が乾き、水気が完全に感じられなくなってからあげるようにしてください。また、水やりの量は気温によって変えるのが良いです。いつも一定の量を与えるのでなく、できるだけ毎日調整してあげるのが良いでしょう。

水やり胡蝶蘭の水やりに関しては、置き場所や温度、湿度によって大きく条件が変わるため、一言で説明できないです。しかし、常に濡れている状態にしていると根腐りを起こしやすくなるため、絶対に避けてください。土の表面を強く押してみて、湿り気が感じられなかったらコップ1杯から2杯程度の水を与えるようにしましょう。気温が多いときは水も多めに、低いときは少なめに変える配慮も大切になってきます。もしもプレゼントで胡蝶蘭をもらったときは、ラッピングに水が溜まって根腐りする原因になる場合があります。必ず取ってから栽培を開始しましょう。

水やりについては、環境によって水の量を変えるようにしましょう。また、常に土が濡れている状態は避けて、土が乾いてから水を与えてください。