胡蝶蘭の水やり

植物を育てるときに大切になる水やり。動物にとっての食事にも似たイメージがある水やりですが、胡蝶蘭の水やりはどのように与えるのが正解なのでしょうか。

胡蝶蘭は水をやり過ぎると枯れてしまう可能性があります。水をあげるのは胡蝶蘭の埋め込み部分の表面が乾き、水気が完全に感じられなくなってからあげるようにしてください。また、水やりの量は気温によって変えるのが良いです。いつも一定の量を与えるのでなく、できるだけ毎日調整してあげるのが良いでしょう。

水やり胡蝶蘭の水やりに関しては、置き場所や温度、湿度によって大きく条件が変わるため、一言で説明できないです。しかし、常に濡れている状態にしていると根腐りを起こしやすくなるため、絶対に避けてください。土の表面を強く押してみて、湿り気が感じられなかったらコップ1杯から2杯程度の水を与えるようにしましょう。気温が多いときは水も多めに、低いときは少なめに変える配慮も大切になってきます。もしもプレゼントで胡蝶蘭をもらったときは、ラッピングに水が溜まって根腐りする原因になる場合があります。必ず取ってから栽培を開始しましょう。

水やりについては、環境によって水の量を変えるようにしましょう。また、常に土が濡れている状態は避けて、土が乾いてから水を与えてください。

適切な温度と湿度

湿度と温度は胡蝶蘭を育てる際にどれくらい重要になってくるのでしょうか。植物も生物であるため、胡蝶蘭に限らず植物を育てるときには温度と湿度の管理が非常に大切になってきます。一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょう。

湿度胡蝶蘭を育てるときには、まず湿度に気をつけてください。乾燥に弱いため、冬場には特に注意が必要です。場合によっては病気になってしまう場合もあります。また、胡蝶蘭を育てるのには、気温が20度前後が理想的です。エアコンは一年中付けっ放しにしておくと、この環境が保ちやすくなりますので、上手に使いこなしていきましょう。

原産国が高温多湿な環境である胡蝶蘭は、日本の夏場の気候に適していると言えます。なので、夏には特に気を使う必要は無いのですが、冬場は要注意です。気温はもちろんのこと、暖房を使用するため乾燥しやすい環境となります。乾燥した状態のまま栽培を続けると蕾が黄色く変色して、そのまま落ちてしまったり、花自体が衰弱する恐れがあったります。加湿器を付けたり霧吹きで水をかけてやったり、できるだけ潤いを保つ努力が必要になります。

胡蝶蘭は夏場には特にケアが必要ではない場合が多いですが、冬場はデリケートになるため、なるべく手をかけてあげる必要があります。

胡蝶蘭の置き場所

胡蝶蘭を育てる際、その置き場所はどうしたら良いのでしょうか。育てる場所はそのまま生きる環境ということになります。光の加減や風通しについて、気をつけるべきポイントはあるのでしょうか。

水まず、室内であっても風通しが良い場所を選んでください。そして、日当たりについてですが、直射日光が当たらず、適度に明るい場所が理想的です。気温についても、夏場は暑くなりすぎないように気をつけ、場合によっては細かく場所を移動するくらいの心構えを持っておくのが良いでしょう。

胡蝶蘭というのは光合成によって栄養を蓄える花であるため、光が全く当たらない場所に置いておくと衰弱し、やがて枯れていきます。風通しが良いからといって窓際などに置いておくと、花が弱っていく原因になりますので、できるだけ避けた方が無難です。どうしても窓際に置くしかない場合はカーテンなどで遮光すると良いでしょう。

自然の胡蝶蘭は明るい日陰に咲いています。木漏れ日が差し込む美しい風景を想像してもらえれば、イメージしやすいかもしれません。こういった環境を自宅でも再現するつもりで胡蝶蘭を置く場所を決めたら、花の寿命も長持ちすることでしょう。風通しと日当たりに気を配ってみてください。

胡蝶蘭を育てるには

お祝いなどで貰った立派な胡蝶蘭。「せっかくだから立派に育ててみたい!」と思っていても、素人の栽培方法では、なかなか上手く育たないという場合も多々あります。生活の彩りとなる豪華絢爛な胡蝶蘭を上手に育てるコツはあるのでしょうか。

まず、胡蝶蘭を育てるときには風通しを大切にしてください。なるべく自然に近い状態に栽培環境を近づけることで、より元気に胡蝶蘭は育つことができます。そして、乾燥には十分に気をつけてください。原産国が高温多湿な環境である胡蝶蘭は日本の冬にとても弱い傾向にあります。気温を保つためにエアコンを付けることで、より一層乾燥が酷くなりますので、部屋の湿度が高く保つような努力が必要になります。乾燥した環境で栽培を続けると、花が病気になったり、衰弱したり、場合によっては枯れてしまうという恐れもあります。水やりに関しても注意が必要です。水やりのタイミングは環境によって変化しますが、土の表面が乾いてから水を与えるようにしましょう。土が湿った状態をずっと続けていると根腐りを起こすリスクが高まります。気温が高いときには水を多く与え、逆に低いときには少なめに与えるなど、繊細なケアができると、胡蝶蘭は美しい姿を保つことができるでしょう。

花の女王様と言っても過言ではないほどのゴージャスなルックスを誇る胡蝶蘭。その姿を毎日見ることができたら、どれだけ豊かな気分になるか分かりません。胡蝶蘭の育て方について書かせていただきました。是非お読みください。